肌荒れにはセラミドが重要?

肌荒れにはセラミドが重要?

肌荒れ(外的要因と内的要因があるといわれています)を治す、肌の健康維持に効果があると言われているのが、セラミドという成分です。
このセラミド(細胞間脂質ともいわれ、皮膚や髪の毛の保湿や保護に欠かせません)は肌の水分を守る役割がある成分であり、皮膚の表面の角質層を保護し、肌の潤いを逃がさず保つ役割があります。
もし、肌からセラミドが失われてしまうと、肌の水分全体の約八十パーセントが失われてしまうと言われており、肌の潤いをそのままにする上でセラミド(スフィンゴ脂質の一種で、細胞膜に存在する成分です)と言うのは非常に大事なものなんです。
では、なぜセラミド(細胞膜に存在する化合物群の総称で、近年、にわかに注目を浴びています)は保湿力が高いのかと言うと、セラミド(メラニンの合成を抑制したり、シワを防ぐなどの美肌効果があるといわれています)は水と結合するとラメラ構造というものになります。
このラメラ構造こそ、肌の保湿の核となるものであり、水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)を挟み込み角質層の水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)を閉じ込めてくれるはずです。
ちなみに、仮に空気中の水分が0%になったとしても、蒸発する場合なく水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)を閉じ込めたままの状態にしてくれます。
また、セラミド(スフィンゴ脂質の一種で、細胞膜に存在する成分です)は加齢やストレスなどによってどんどん減っていくもので、セラミド(加齢と共に減ってしまうといわれており、乾燥肌や敏感肌などにつながってしまいます)が失われすぎると肌トラブル(若い人でいえね、ニキビや吹き出物、毛穴のつまりや黒ずみ、三十代になるとシミやシワ、たるみやくすみなどが気になりますね。
)を起こしたり、シワの原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)にもなるでしょう。
例えば、赤ちゃん(昔から、「子供は三歳までのかわいさで一生分の親孝行をする」なんていわれます。
赤ちゃんのうちから、なるべくたくさんの写真や映像を残しておきたいものですね)の肌がもちもちしていてみずみずしいのは、このセラミド(スフィンゴ脂質の一種で、細胞膜に存在する成分です)が豊富にあるからです。
それに、セラミド(加齢と共に減ってしまうといわれており、乾燥肌や敏感肌などにつながってしまいます)には紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)から肌を守る働きや、外からのほこりやダニ、細菌などといった侵入を防ぐバリアの働きもあります。
ですので、セラミド(近年、流行している角質を削るような洗顔を行うと、失われやすくなるでしょう)が不足していると、水分の量の低下に加え、シミやそばかすが出来てしまったり、肌がくすんでしまったりします。
さらに、外からの刺激や抗原を肌に受けやすくなってしまい、それらが侵入してしまったりすると湿疹(皮膚に炎症が起こることをいい、皮膚炎ともいいます)や痒みと言った肌トラブルを引き起こしてしまうのです