金運を高めるのは北枕

金運を高めるのは北枕

寝室は心身を癒すために必要は空間で、長い時間いることに注目すると風水の力を受けやすいと理解できます。
金運を高めるのに良いとされるのは、枕を北にして寝ることだと言われています。
北まくらというのは、遺体を寝かせる場合の頭の方向にあたるので、気味が悪いと思われがちですが、北半球においての磁気の流れを加味すると安眠には最高な方角と言えます。
睡眠の際に枕を北にすれば、気がスムーズに流れますし、リラックスして熟睡できると考えられています。
また、頭の向きを南側にして就寝するのは、風水においては一番駄目であるとして、良質な眠りが得られなくなると広く知られています。
なかなか眠れなくなりますし、熱のこもりやすい状態になるとも考えられていますし、精神的にリラックスできない方角です。
枕を置く方角を変えるのが無理な場合には、白色のカバーで枕を包み、北の方角に水差しなどを置くと金運アップ効果が見込めます。
寝室は睡眠をとるだけということで、何も気にしないという人もいますが、風水学的にはまるで違う発想です。
睡眠中は、邪気を吹き飛ばす働きも低下しているため、可能な限り悪い影響が与えられないように対策を考えておくことが欠かせないのです。
きちんと片付けられた部屋で、心地良い空気の中で睡眠を取るのがベストですから、空気が悪くならないようにすることが要求されます。
クリーンな空気で満ちている部屋に高い金運を引き寄せるのです。
寝る部屋に鏡が置かれているなら、自分自身が眠っている姿を映し出さないように寝るときには布などで覆ってしまいましょう。
鏡というものは、使用法を誤れば、力に負けることがありますので、気を配りましょう。