しわの原因と治療方法について

しわの原因と治療方法について

しわの治療方法にはいくつか種類があります。目の横やほうれい線にくっきりとしわがあると、実年齢以上に年を取ったように見えます。治療の必要性を感じている人は少なくはないようです。加齢とともに、顔全体、首や手などにもできるしわがあります。原因はというと、肌が潤いを失って乾燥すること、そして紫外線といわれています。人の肌は常に新たな細胞を作っており、古い細胞は剥がれ落ち、新しい細胞ができています。保水力が低下した肌は、ターンオーバーがスムーズに行われにくくなります。しわが増えるのは、古い皮膚が残り続けて乾燥度合いがひどくなるためでもあります。肌の張りや弾力は、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンの作用によるものですか、紫外線はそれらにダメージを与えます。肌の弾力が衰えて、くぼみが生じそれがしわになる原因となる訳です。気になるしわの対策に、しわが気になる部分にコラーゲンやヒアルロン酸を注射するという治療法が確立されています。コラーゲンやヒアルロン酸は、人体には元々存在しているもであるため、注射をしても特に問題は起きないと考えられています。他にも、ボトックス注射やケミカルピーリング、レーザーを用いたしわ除去など、気になるしわを目立たなくする方法は色々とあるといいます。どのしわ治療法が最も適しているかは、その人の肌のコンディションやしわの深さや部位によっても異なります。よく検討してから決める必要があります。