男性の精子に異常がある?

男性の精子に異常がある?

なかなか妊娠できない原因の一つに、男性の精子の異常があるんでしょうか。

不妊っていうと、女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)だけに原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)があるように思う人も多いかと思いますが、男性に原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)があることも少なくないのです。

では、どんな精子の異常があるのかに関して、紹介します。

・精子減少症
・精子死滅症
・精子過剰症

このような精子の異常があることでしょう。

精子減少症は、精子の数が少ないことをいい、全く精子を見ることができない場合を無精子症(その名の通り、精子が全くないことをいいます)と呼んでいるのです。

精子死滅症は、精子が死んでいるか、もしくは、精子に受精する能力がない事を指しています。

そして、精子過剰症とは、精子の数が異常に多く、その為に固まってしまう事をいうのです。

以上のように、精子には様々な異常が起こる事がありますよね。

精子に異常が起こる原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)として挙げられるのは、停留睾丸や成人になってからのおたふく風邪(厳密に言うと、インフルエンザとは畭なります)、喫煙、アルコールなどですね。

女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)でも不妊検査は嫌なと思いますよが、男性は特に嫌がることが多いでしょう。

最近では、男性が病院に行かなくても検査できる場合もあるので、パートナー(配偶者をこう表現することもあるようです)が嫌がるようなら、医師に相談してみると良いでしょうね。