お風呂、温泉が効果ある?

お風呂、温泉が効果ある?

いろんな体調不良に効果があるとされる温泉(日本では、地中から湧き出た温水や鉱水が、25℃以上の温度があるか、特定の成分を規定値以上含んでいることをいいます)や入浴(最近では、全身ではなく、下半身だけ浸かる半身浴も流行していますね)剤は、喘息にも効果があるのでしょうか?まず、喘息発作が起きている時の入浴(日本人は比較的高い温度のお湯に浸かることを好むようですが、あまり高い温度のお湯に浸かると、心臓に負担をかけてしまいます)は控えたほうがよいとされていますが、そうでない場合には湯冷め(しっかりと体を拭き、吸汗するような下着を着るのも対策になります)に気をつければ入浴で身体を温めるのは大変よい事です。
また、入浴後に冷水で身体の先端部分から冷やしていくのも自律神経(交感神経系と副交感神経系で構成されているようです)の働きを活発にしたり、体質改善で身体を丈夫にする効果アリのだとか。
それに、温泉(塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、単純温泉、二酸化炭素塩泉、硫黄泉、放射能泉、酸性泉、鉄泉などがあります)の湯気により息苦しさが緩和されることもあるものです。
いずれにしても、入浴(お風呂に入るだけでなく、水や水蒸気を浴びて体を清潔に保つことをいうようです)や温泉に入ることは症状が出ていない時に限ったことと考えてください。
その上で、香りのある入浴剤やアロマオイル(純度が100%の物が精油、それ以外のものがアロマオイルですが、ショップですら混同していて紛らわしいのが現状です)を使用したお風呂に入ることでストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)を解消したり、アロマオイル(純度が100%の物が精油、それ以外のものがアロマオイルですが、ショップですら混同していて紛らわしいのが現状です)の成分を吸引することで発作を予防したりという効果を得ることは可能でしょう。
しかし、逆にその匂いがきつすぎると発作を起こす引き金となることもあるので注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)しなければなりません。
それから、それぞれの温泉(循環式と掛け流しがありますが、やはり、掛け流しが人気ですね)の効能により、体質改善の効果が得る事が出来る場合もあるでしょうし、喘息に効果的と言う名前の温泉(塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、単純温泉、二酸化炭素塩泉、硫黄泉、放射能泉、酸性泉、鉄泉などがあります)もありますね。
喘息に効果的と呼ねれている温泉は、硫酸塩泉・塩化物泉・硫黄泉・単純温泉・含鉄泉・ラジウム泉などです。
ですので、喘息の緩和を目的とする場合には温泉の成分を調査して行かなければ意味がないのです。
さらに、喘息患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は畭なるものですし、治るかどうかも違ってきます)の場合、肩まで浸からないように気をつけなければならないのです。
水圧によっては喘息発作を引き起こしてしまう引き金になる事があるためです