生理痛の症状って?

生理痛の症状って?

生理痛の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)には、どんなものがあるかを紹介します。

・腹痛
・頭痛(今までに感じたことのないような痛みであるのなら、病院で精密検査を受けた方がいいでしょう)
・腰痛

これらが生理痛(婦人病が原因となっていることもあるでしょう)で多い症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)になっているでしょう。

まず、腹痛だからって、腹痛は、生理痛(月経困難症と呼ぶこともあります)の症状の中で、最も多い症状です。

生理前から生理が終わるまで、ずっと腹痛があるという方もいます。

何故、腹痛が起こるのかっていうと、生理前は排卵後に黄体ホルモンが急増します。

その為、自律神経が乱れてしまって腹痛が起こるのです。

また、生理中は、子宮の収縮や血液の流れの滞りなどによって、腹痛が起こりがちですよね。

次に、頭痛(安易に頭痛薬に頼りすぎるのはよくありません。 生活習慣や体の歪みなどを改善することで起こらなくなる場合もあります)は、腹痛と同じく、生理前の自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症と呼ねれる状態になります)の乱れが原因で起こります。

それに、生理後半に起こるうっ血、血液の流れの滞りによって、頭痛(安易に頭痛薬に頼りすぎるのはよくありません。 生活習慣や体の歪みなどを改善することで起こらなくなる場合もあります)が起きる事もありますね。

おわりに、腰痛とはいえ、生理中の子宮の収縮や血液の流れの滞りなどが腰痛の原因だと言われています。

以上のように、生理前や生理中、生理痛(月経時に感じる痛みのことです)になる要因としては色々とあるのです。

上記の生理痛(婦人病が原因となっていることもあるでしょう)の症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)以外にも、冷え(夏でも冬でも極力体を冷やさないように心掛けることで、免疫力が上がり、健康な体を維持できるでしょう)、吐き気、むくみ(全身性浮腫と局所性浮腫に分けられるでしょう)などの症状が起きる事もあるそうです。

生理中は、可能な限り体を温めて、体が冷え(最近では低体温の人が増えているといわれています。 人間の平熱は本来36.5℃で、これは酵素が最も活発に働く温度でもあります)ないように、血液の流れが良くなるようにしたら、生理痛(婦人病が原因となっていることもあるでしょう)を緩和することができます。