疥癬の症状って?

疥癬の症状って?

疥癬とは、ヒゼンダニ(疥癬虫)というダニが、皮膚の角質(ケラチンと呼ねれるタンパク質でできた古くて死んだ細胞のことです。
表皮にあります)層内に寄生しておこる皮膚(年をとるにつれて、トラブルが起こることも多くなります。
また、新陳代謝のスピードも低下してしまうものですよね)感染症です。
赤い発疹が見られるので、アトピーと似ていると思いますが、ダニが皮膚(キレイだと男性に好?象を与えられるでしょう。
キレイであるのにこしたことはありません)にトンネルを作った山が連なっているのが特徴でしょう。
疥癬は、家族などに感染してしまうことがあるので、気をつけてください。
疥癬の症状というのは、ヒゼンダニに対するアレルギーとヒゼンダニその物による湿疹(急性湿疹と慢性湿疹に分けることができます。
痒み止めとステロイドによる投薬治療が一般的でしょう)の二つに分けられます。
小さい赤いブツブツが出来ている部分は、ヒゼンダニの抜け殻や糞などに対するアレルギー。
盛り上がった線状の皮疹は、メスのヒゼンダニが卵を産んでいる場所。
そして、結節になっている場所はヒゼンダニが死滅した跡です。
疥癬になったのであれね、激烈なかゆみに襲われます。
特に夜間に全身のあちこちが痒くなる為、非常に辛いとされます。
また、吹き出物(皮膚にできる湿疹などのできものをいいます)っぽい痛みもあり、皮膚(ケアを怠ると、シミやシワ、吹き出物などができてしまうことも少なくありません)にトンネル上の盛り上がりが出来るのが特徴です。
ヒゼンダニに感染後、初めて疥癬に罹る人は症状がでるまで4週間から6週間程かかりますが、これまでにも罹ったことのある人の場合なら、感染後、数日で症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が出はじめます。
また、家族に疥癬の人がいると、感染してしまう事がありますので、もし、自分にも同じような症状が見られたら、自分も感染した可能性が高いと考えていいでしょう。
思い当たる症状が現れたら、すぐに皮膚科を受診し、医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)の指示に従って適切な治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)を開始した方がいいのです。
全身に及ぶ症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)ですから、悪化するとものすごく辛い思いをする事になります